未分類

脂肪溶解注射をする時の準備

メスを使わない痩身治療法として話題になっているのが脂肪溶解注射です。
ただ注射を受けるだけと言っても、初めてなら色々と不安を感じてしまいます。

そこで、注射をする時に準備しておきたいことや、注射を受けた後に注意したいこと、クリニック選びのポイントなどについて、詳しく説明します。

リバウンドしないで安全に痩せたいという人にとって、役立つ情報をお伝えしましょう。

脂肪溶解注射をする時の準備

患者が食事を抜かないといけないなど、脂肪溶解注射を受ける前に何かしないといけないわけじゃありません。

前準備としてクリニックで安全に注射を受ける前に検査があったり、色々と聞かれることがあります。

わずらわしくて面倒だと感じるかもしれませんが、これにもちゃんと理由があります。
脂肪溶解注射は大豆由来の成分が入っていますから、大豆にアレルギーがあったり他の成分でアレルギーを起こすのを防ぐためです。

関係ないかなと素人判断しないで、自分のアレルギーをちゃんと報告して、血液検査などをしっかりと受けましょう。

脂肪溶解注射自体は15分くらいで終わってしまって、ダウンタイムもほぼありませんから安心です。

ボディならいいですが顔の場合は帰りにメイクできない場合もありますから、顔を隠せるマスクなどを準備して行くと役立ちます。

注射後にマッサージをする

注射した後は成分が一箇所に集中しやすいですから、マッサージして成分が行き渡るようにしてあげるのがコツです。

クリニックによっては注射後のマッサージがあるところとないところがありますから、看護師さんにマッサージしてもらえない場合は自分でやらないといけません。

マッサージしてもらった場合でも翌日注射した部分がちょっと固くなっているようなら、自分でマッサージしてあげましょう。

注射の成分がしっかりと広がってくれて、固くなっていた部分が柔らかくなり効果がしっかり出やすくなります。

リバウンドしないように注意する

エステなどの痩身法は、脂肪細胞の大きさを小さくする施術ですから、施術後にすぐリバウンドしやすいです。

水を飲んだりちょっと食べ過ぎてしまうだけで、すぐに脂肪細胞が大きくなってエステの効果も台無しになってしまいます。

クリニックの脂肪溶解注射は、脂肪細胞の数を減らす治療ですから、リバウンドしにくいのが特徴です。

脂肪を溶かして体の外へ排出し、脂肪細胞そのものの数が減ることで、注射した部分がスリムになります。
今までと同じ生活を送っていても脂肪の数が減っていますから、リバウンドする心配はありません。

しかし、脂肪溶解注射も万全ではありませんから、暴飲暴食をしたり油断して普段よりも体を動かさないと脂肪が付きやすくなります。

せっかくスリムになれるのですから、それを維持できるように食事に気をつけたり、少し運動をがんばってみるのがおすすめです。

カウンセリングが丁寧なクリニックを選ぶ

脂肪溶解注射は人気の痩身法ですから、色んなクリニックで受けることができます。
値段だけで決めてしまうと失敗することもありますから、信頼できるクリニックを選ぶのが重要です。

事前のカウンセリングは特に重要で、説明が不十分だったり雑なクリニックはやはり信頼できません。

丁寧に治療内容を説明してくれて、質問や不安にも答えてくれるようなカウンセリングが充実したところなら安心です。

たいていのクリニックはカウンセリングは無料になっていますから、複数のクリニックで受けてから判断するのが賢明です。

いい点もリスクも包み隠さず説明してくれて、納得できるカウンセリングが受けられるところを選びましょう。

まとめ

脂肪溶解注射はた注射を受けるだけで、部分痩せができてしまって長年のダイエットの悩みも改善してくれます。
安全に注射を受けるというのが大事ですから、準備のために検査や問診にはしっかりと答えましょう。
せっかくの痩身効果をムダにしないためにもリバウンドには注意しましょう。
信頼できるクリニックを選んで、不安なことはカウンセリングで聞いてみて疑問を解消してから注射を受けるようにしましょう。