未分類

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

痩せたいと思っていてもなかなか痩せられないという方は多いのではないでしょうか。食事制限や運動によるダイエットはつらいものです。
そんな方におすすめなのが脂肪溶解注射と脂肪吸引です。どちらも手軽に脂肪を減らせるとして人気のダイエット法ですが、両者には大きな違いがあります。
ここでは脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いについてご紹介します。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

脂肪溶解注射は脂肪を分解する効果がある脂肪溶解剤を脂肪を減らしたい部位に注入することで脂肪を溶かし、尿として体外に排出するダイエット法です。
脂肪吸引は脂肪を減らしたい部分をメスで切開し、できた穴に管を挿入して直接脂肪を吸い出すダイエット法です。
どちらも脂肪を減らすことができますが、脂肪溶解注射は化学療法であり、脂肪吸引は手術であるというのが大きな違いです。脂肪溶解注射は体への負担が少なく、施術当日から問題なく日常生活を送れますが、その反面、施術1回あたりの効果は限定的なので複数回施術する必要があります。脂肪吸引はメスを使うため体への負担があり、2~4週間の回復期間が必要ですが、1度の施術で多くの脂肪を除去することができます。

脂肪溶解注射のメリット・デメリット

脂肪溶解注射のメリットは何と言っても体への負担の少なさです。気になる個所に薬剤を注入する注射をするだけなので、肉体的にも精神的にもあまりストレスを感じません。注射による痛みも大きくはありません。施術時間も短くて済みます。注射の場所をピンポイントで指定できるので、痩せたい部位のみを狙い撃ちすることが可能です。脂肪吸引とは違って施術後に肌が凸凹になることがないので仕上がりは自然です。脂肪吸引では死亡した例があるなどリスクも伴いますが、脂肪溶解注射では施術後の重篤な症例は今のところありません。

デメリットは1回の注射あたりの効果が限定的であることです。目に見えて脂肪が減ったことを確認できるほどになるまでには複数回の注射が必要になります。脂肪の量が少ない部分なら数回の注射で済みますが、お腹や太ももなど脂肪量の多い部分だと施術回数が多くなって、その分コストも高くなってしまいます。施術による大きな副作用はありませんが、注射した個所が軽く腫れたり内出血することがあります。まれにアレルギー反応を起こしたり、皮膚が壊死する可能性もあります。
脂肪溶解注射は体への負担がマイルドな分、効果もマイルドな方法であると言えます。

脂肪吸引のメリット・デメリット

脂肪吸引のメリットは1回の施術で満足できる効果を得られるということです。脂肪を直接体から除去できるので、目に見えて細くなります。体にメスを入れることに抵抗がなく、大量の脂肪を一気になくしたいという方に向いています。

デメリットは体への負担の大きさです。外科手術なので術後には痛みや内出血が残り、ダウンタイムも長いです。メスを入れた部分には小さいですが傷跡も残ってしまいます。手術を担当した医師の技術によっては肌が凸凹になることもあります。誰でも受けられる施術ではなく、高齢者や肥満の度合いが高い方などは手術によって血栓症が引き起こされるリスクがあるので、施術を受けられない場合もあります。脂肪溶解注射が1回3万円程度なのに比べて、脂肪吸引は部分ごとに数10万円かかります。脂肪溶解注射が数回の施術が必要なのに対し、脂肪吸引は1回の施術で済むとはいえ費用面での負担も大きいです。
脂肪吸引は効果が大きい分、体や費用の負担、リスクも大きい方法であると言えます。

まとめ

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違いやそれぞれのメリット・デメリットを紹介してきましたが、どちらも比較的手軽に脂肪を撃退できる方法であることは間違いありません。重要なのは両者の特徴をよく理解した上で、自分に合っているかどうかよく考えてみることです。実際に施術を受ける前に効果や費用、負担などをよく検討しておくことをおすすめします。